topアニー解析、なぜナーのカウンターに?

シェアする

こんにちは!寒いですね。

今回はAll starで飛び出したまさかのアニートップの特集です。もうランクやノーマルで結構みかけてるんじゃないかな?

以下原文↓

title:Breaking down the Annie top used at All-Stars, and why it’s such an important Gnar counter

https://blitzesports.com/lol/article/2916/breaking-down-annie-top-used-all-stars-why-its-important-g

例年と比べより競技色の強くなった今年のオールスターでは、プロプレイヤー達によって競技シーンにおける新ルーンのメタの洗練性が浮き彫りとなった。ピックされるチャンピオンに以前の大会と比べても大きな違いはないが、思いもよらないピックが注目を集めた。LPL代表の957選手がピックしたトップレーンアニーである。(後にLMS代表のジブ選手もやり返した。)

トップアニーはナーのカウンター

アニーピックの意味を理解する為には、オールスター3試合でアニーがピックされたのはナーに対してということに注目しよう。

ナーは12試合でピックされているトップレーナーであり、ほぼ永久バンのオーン、ジェイス、そしてその次の3番目に人気のあるピックがこのナーなのである。ちなみに直近のKespacup2017での最もプレイされたトップレーナーでもある。

なぜナーはそれほどに重要視されているのか?

スキルレンジの関係でナーのQスキルやWスキルは相手タンクに一方的にハラスすることができるのが強みであり、更に新ルーンのエアリーと追火が以前の戦いの律動に頼っていたS7と比べても非常に強力であり、短時間での安全なダメージトレードを可能にしている。

単純にレンジ1100のQブーメランをヒットさせただけでエアリーと追火が発動し、対面のレーナーをミニオンウェーブから離れさせるほどのダメージを与えられる。

これはつまり自由にレーンをコントロールできるということである。たとえばレーンを押してtop side jungleに入っていきたい時でも、先にレーンを押したりといった優先権は常にナー側がもっているということである。ナーのスキルレンジはミニオンをフリーズしたりプッシュしたりといったコントロールの面でも優秀なのである。

またナーはジェイスのように頻繁にjgの助けを求めたり、1v1を安全にするための他プレイヤーからの助けをあまり必要としない自己完結型のトップレーナーである。もしナーが一度不利を背負ってしまってもジェイス程に問題にはならない。なぜなら黒斧とフローズンマレットの2コアアイテムが完成すればパワースパイクを迎え活躍の場は十分にあるからである。

ナーは通常スプリットプッシャーとしてピックされるが、他のスプリットプッシャーと比べると集団戦での貢献度は比較にならない。そういった面がまたナーを唯一無二にしていると考えられる。

他のナーのカウンター

代表的な例だとヤスオである。Wの風スキルとパッシブスキルのシールドでナーのダメージの大半をカットできるうえEスキルでダメージトレードも容易であり、メガナー状態のスキルをよけるのにも役立っている。

最近登場したのはカミールである。カミールはより1v1のスプリットプッシュでの勝利を目的としてピックされている。パッシブでダメージトレードも容易に行え、ULTでナーのウルトを含めたスキルを避けることができる。

ではアニーのどういったところがナーのカウンターなのか?

アニーでの打倒ナーは上記二名とは少し違っている。アニーの通常攻撃のレンジは575。これはナーの400から500(レベルにより上昇)を上回っている。またQスキルWスキルRスキルこのどれもがナーの通常攻撃レンジを超えている。

アニーのルーンもまたエアリーと追火であり、発動も容易。QW通常コンボでダメージトレードも勝ち切ることが可能であり、パッシブのスタンで反撃の隙を与えず一方的なトレードが可能。

ナーがアニーに通常攻撃をいれられる場面があったとしてもアニーはマナコストの低いEスキルのシールドを張ればダメージを軽減し更に魔法ダメージを反射することができる。

アニーが使用されたオールスターでの3試合すべて、ミニオン処理を早くするためWのスキルレベルを最初に最大にまで上げている。Qスキルの回転率の良さもあり、アニーはすばやくレーンプッシュでき主導権を失わずに済むのである。

集団戦では?

アニーはただ単にナーを倒すためにでばってきたのではなく。彼女のFlash+Tibbers(R)による即時範囲スタンこそが一番の脅威であろう。

使用された3試合すべて、アニーはクールダウンを稼ぐためにアイオニアブーツ+宇宙の英知を持ってきている。

加えてヘクステックフラッシュネイターによってフラッシュが落ちている間もティバーズの恐怖からは逃れられない。

ヘクステックフラッシュを使ったエンゲージ等は詠唱の関係上準備がいるが、視界をしっかりコントロールすればアニーの孤立した敵をピックアップする能力を存分に活かせるだろう。

さぁアニートップ!!

もしあなたがアニートップをナーに対してだしたいのであれば、そんなあなたの為にここにカンニングペーパーを置いておきます。おいおい他のマッチアップでもアニーちゃん使いたいんだけどって聞いてきそうなので他のマッチアップについての957選手のコメントもあげておきますね。

”今のメタの環境でトップアニーはあまりタンキーじゃないナーとかケネンとかにだけいいと思う。そいつらにだすならかなり強い。ただそのほかに関していうとベストピックとは言えないかな。”

※見づらいですがサブパスはヘクステックフラッシュ+宇宙の英知ですね

管理人のまとめ

こういうピック突然飛び出すの好き。よく考えつくよなぁと思いつつも初心者の頃アニーミッドやらされてビクターに延々とミニオン押し付けられた思い出が、、、、Wあげすればプッシュ早くなるのかと新たな発見があった。てか初心者にはアニーじゃなくてマルザを布教していきたいのは僕だけか?

カミールでナーカウンターする話あるけどSoaz選手がやっててEブリンクミスった瞬間にフロマレで殴られ続けてソロキルされてたから結構難しいんじゃないかな。

あとヤスオはWCS決勝でSktふに選手がやってたけど集団戦やっぱりナーのほうが活躍してたからこれも難易度高いよね。

つかこれ動画アップできんのめちゃ便利やん。。

ここまで読んで頂いた方、ありがとうございました。

コメント、ツイッターのフォロー、サンタポッピーのクリック等励みになります。よろしくお願いします!

クリックすると順位が上がります。現在7位!残り3人クリックにつき順位上昇!

かわいいサンタポッピーの鼻をつんつんするだけでポッピーも僕も喜びます。