Double lift選手インタビュー

みなさんこんにちは。今回はみんな大好きNAサーバーを代表するADCプレイヤーDouble lift選手のインタビュー記事の翻訳です。え?誰だよこのキノコヘッド〇郎は。って思った方の為にまずは選手紹介からしまーせん!!

このかわいい小鹿ポッピーをクリックするとLOLブログランキングページまでソリで引っ張って行ってくれるので1位のShotcallingさんがDouble lift紹介記事を上げています。そちらを参照してください。

インタビュー最後にはダブルリフト選手によるOPADCの発表もあります!

では長いのでごゆっくりとどうぞ。

以下原文

https://www.invenglobal.com/articles/3813/tl-doublelift-if-there-comes-a-time-where-i-cant-play-adc-anymore-ill-just-swap-roles-like-ambition

※インタビュー冒頭は尺の関係でカット、長いので誤訳等多いかもですすいません。

なぜTeamLiquidに入ったんですか?

最初はね、XmithieとPOBとプレイするの楽しいだろうなって思ってたんだよね。ほらCLGで一緒にプレイしてたから。NAだとLOLのコミュニティー全体が俺がもう勝てないって風潮だったから・・・だからさ俺がCLGにいる間に勝つことができたのが俺の人生のハイライトだったね。びっくりしたよ。

TLに入る前はさ俺が入りたいチームならどこでも入れたし、単純にストリームで大金稼げたしでどっちでもよかったんだ。

TLにいる間に勝てたら最高にクールだろうね。TLは勝利を期待されてないし、

TLはジョークだったんだよ。でもそれが真実になった。でも俺はその風潮を変えたいんだ。

TLをサポートして欲しい、このチームのことみんな絶対好きになるし、チーム自体も成功してほしいと思う。

 

TLのチームの雰囲気はどうですか?TSMとは相当違うと思うんだけど、どのくらい違う?どっちが好き?

TSMの場合最初は少しぎくしゃくしてったいうか、あまりよくなかったね。特にゲーム外では最悪。でも一緒にプレイしていくうちに、一気によくなっていった。今ではゲーム外でもいい友達だしゲーム中はもちろんいいチームメイトだよ。いい人間関係を築けたと思う。

チームに入った最初の頃って、みんないい子ちゃんでいたいから頑張るんだよね。TLに関してもみんないい友達だよ。でも俺はこれが試合に負けた時にどうなるか見てみたいんだよね。負けた時の反応はチームの良し悪しを見るいい指標になるから。

 

長い間プロとしてやってきて同じ時期にプロになったたくさんの選手が引退したりフルタイムストリーミングに移行したりしている。そんな中で自分ももう年とったなぁって思ったりそれに近いことを感じたりはしてる?

もちろんそういった類のことは感じてるよ。でも俺の場合最初に考えたのはメインロールを変えること。実際にロールスワップに関しては2.3年前から考えてたけどね。NAっていいADCがたくさんいるし、外国からも来てる、たくさんね。でもさジャングラーとサポートに関しては足りてないよ。

Ambitionがさ、ワールズで勝ったじゃん、、、彼は年取ってるし結婚もしてる。でも彼は勝ったんだよ。彼は昔はいいミッドレーナーだった、でも今は?世界大会優勝ジャングラーだよ!まじですごいよ。

キャリーする役割のあるミッドと違ってジャングラーはより思考力が求められるロールなんだよね。だから俺もロールチェンジを考えた。seson4の時に俺に他のロールはできないって言われてたんだけど、他人の意見は正直あまり気にしてないかな。だから俺にADCができなくなる時が来たら、他のロールやるだけだよ。

 

WCS2017でNAのADCがミスを連発してて観客目線で世界大会だとNA選手は緊張しすぎてるっていう見方なんだけどそれに関してはどう思う?

俺は全然緊張しないよ、ただ油断していたね。この二つは似ているようで実はまったく違う事でみている側からだとわからないかもしれない。ただその選手が緊張で普段のパフォーマンスを出せていないのか、それとも相手がうまく不意をついてその選手をキャッチングしているのかこれを見ている側が判断するのは難しいよ。NAの他のプレイヤーとはあんまり話さないからわからないけど、僕にはこれが当てはまっていると思う。

海外選手は本当にうまいんだ。なぜなら相手の油断を見逃さないからね。彼らはNAのプレイヤーが考えつかないような方法で仕掛けてくる。ワールズに行って、俺たち以外の他の海外プロが色々な面で俺たちよりか優れていると思ったね。視界を取られて、レーンで前に出ることすらできない。しかもチームファイトも優れているし仕掛け方も俺たちよりかうまいときてる。

たしかに俺が普段しないようなミスをした場面もあったけど、プレイオフのゲームでもワールズのゲームでも人並には緊張はするけど、緊張しすぎるってことはなかったよ。

あと韓国のファンが僕のことを”Dub-Goo”って呼んでることもしってるけどまじでおもしろいね。韓国のファンは最高だよ。

※このあだ名の由来はわからないので知っている方がいたら教えてくださると助かります。

 

あなたは韓国で最も愛されているNAプレイヤーです。特にグレイブスのプレイで。でもNAだとコミュニティーに最も非難され、口撃されているプレイヤーです。それについてはどう思う?

以前はコミュニティーの一員であることが好きだった。redditによく投稿していたし、ファンのメールにも全部返信していたしね。でもその時はみんな俺のことを神様だと思ってた。

Season6で俺はコミュニティーの違う面を味わったよ。Crownのビクターに俺がやられた時にコミュニティーのみんなが俺に指をさした。まあその時TSMはグループ抜けられなかったしね。ただねその試合に関して言うと俺はかなりいいプレイをしてたんだ。Biofrostと俺がCoreJJとRulurをボットでやっている間に他のレーンが全滅してたのにね。

 

Redditとtwitterで総攻撃を受けたよ…..他の誰が何と言おうと俺はあまり気にしないんだけど。その中の投稿の一部は核心をついていて正直少し落ち込んだよ。その時にこの言葉が頭に浮かんだんだ。“ヒーローとして死ぬか、それとも悪役として生きながらえるかだ”*

みんなただ俺を批判したいだけなんだよ。まあ楽しいからね。わかるよ、そりゃ楽しいって!(笑)まあ俺もおしゃべりが過ぎるからね。あまり気にしないようにしてるよ。

※映画ダークナイトにでてくる有名なセリフ。バッドマンがでてくるやつですね。

 

今現在はボットレーンでOlleh選手とプレイしていますが、練習はうまくいってる?ADCとして相方をどう評価していますか?

練習はうまくいってるよ。

Ollehに関して評価しているのはBiofrostより自分で判断して行動できるってとこ。Biofrostは俺のサポートをやらせるために俺がチャレンジャーまで上がらせたプレイヤーだから。だから彼の思考は俺と全く同じで本能的に染みついてる。逆にOllehは彼には彼の戦術や経験があってそれに基づいて行動してる。

要するにOllehはBiofrostよりか独立したサポートなんだよ。ただこれにはもちろん良い面と悪い面があって、ボットレーンで同じ考えをもってプレイしたい時もあれば、別々の考えをもってプレイしたい時もある。例えばローミングメタの時とかはADCから離れて他の場所で仕掛けてほしいとかあるからね。

彼とはうまくやっていけると思うよ。自我を持ってほしいし、僕と同じような思考をもってもらいたいと思う時もあるけどね

これ韓国ではなんて言うのか知らないけどNAではわざと死ぬことを”inting”って言うんだ。Ollehがこれめっちゃするんだけど(笑)あいつ1v5とか好きなんだよ。

 

来る次シーズンではどんなチャンピオンをピックする?ADCチャンプで何かOPだと感じるのはいる?

韓国にきて最初にOllehとimpactに韓国ではザヤって使われてんの?って聞いたらnoって言われたんだ。まじでびっくりしたよ。

ザヤは正直OPだと思ってる。俺以外の人は使わないけどね。

 

もうクリスマスだけど何か予定はある?

彼女とデートにいくかもしれないし、家族と過ごすかもしれない。新シーズンが始まる前には配信の時間もとりたいね。

 

 

ここまで読んで頂いた方、ありがとうございました!

コメント、ツイッターのフォロー、サンタポッピーのクリック等励みになります。よろしくお願いします!