リーグの心温まるお話

シェアする

みなさんあけましておめでとうございます!

昨年立ち上げたこのブログですが読んでくれていた方々ありがとうございますそしてこれからもよろしくお願いいたします!

お正月ということで実家に帰ってゆっくり過ごした方が多いのではないでしょうか?

母親の手料理久々に食べると心が洗われますよね。まあ食べたのは市販のおせちですが。

ということで一発目の記事は海外5chことredditに投稿された。心温まるお話を紹介。

タイトル「息子と今日lolをした」

私は今日21歳になる息子と数試合lolをプレイした。私たちの他にも親子でデュオをしている人はいただろうし、それ自体は別に大したことではない。しかし私にとってこれは特別なことだった。

シーズン2かそこらにリーグを私に紹介したのは息子だった。その時息子は15歳ぐらいだったと思う。競争するようなゲームが苦手な私はしつこく誘ってくる息子をあしらっていた。

しかし私はついに息子の熱意に負けlolを触ってみることにした。下手ではあったが私はたまにlolをプレイするようになった。その時にも息子と何回か一緒にプレイすることはあったが、腕前に差があることは明らかでそのせいもあってかあまり沢山一緒にはプレイしなかった。

もしかしたらもっとたくさん一緒にプレイできたかもしれないが、不幸にも、彼を取り巻く状況は変化した。息子は薬にはまったのである。もちろんこれは息子だけではなく家族全体を巻き込む事態となった。

息子は18歳になるころには精神病にもかかった。親子関係はいうまでもなく悪かった。

しかし息子が闘病中、リーグオブレジェンドは私たちの関係をつなぐ唯一のものになった。私達は一緒にプレイすることはなかったが、lolに関することは話すことができてそれは私たちにとって本当に大切な時間だった。

息子はついに回復への道を歩み始めた。病院へ行き、更生施設へも通った。更生に関して息子と話し合うことはできなかったが、少なくともリーグに関することだけは話すことはできた。LCSの結果についてだったり、私が初めてペンタキルをとった時のことだったり色々。

息子は今リハビリ施設からでて一か月になる。現在はアパートに住んでいる。新年は家に帰ってきていてパソコンも持ってきていたので1.2試合一緒にリーグをプレイすることができた。

普段より少し神経過敏になってしまって1.2試合しか一緒にプレイすることはできなかったが、また息子と一緒にプレイできて楽しめたことが本当に嬉しかった。

だから、まずこんな機会を持てたことに感謝したいのと、このすばらしい出来事をリーグをしているみんなと共有したかった。

まとめると、リーグは私たちが困難な時に私と息子の懸け橋になってくれた。そして年の初めに息子と一緒にプレイすることができた。

原文url

I played a game with my son today by Ceejay Lerod

https://www.reddit.com/r/leagueoflegends/comments/7nd7nh/i_played_a_game_with_my_son_today/

管理人感想

読みながら泣きそうになりました。日本でも最近ファイナルファンタジー題材の親子の絆の物語ありましたね。私の父はヤフーのパズルゲームにはまっていて私にしつこくやるように言ってくるのですがこのお話とは逆の状態ですね。かれこれ2.3年そのゲームやっていて父のスコア5000点、ランキング1位の人のスコア20000点ぐらいの開きがあって「こいつチーターだろ!」って見る度に言ってますね。一回ぐらいはやってあげようかなぁとこれ読んで思ってしまいました。

以上になります。

コメント、ツイッターのフォロー、サンタポッピーのクリック等励みになります。よろしくお願いします!