汗と涙の翻訳勉強動画

【MSI】PGM戦に関してさもじゅうが物申す!part2

こんにちは、さもじゅうです。

世界戦が終了しました。結果は1-5で最後になんとか1勝をもぎとることが出来た形。0-6を回避できたものの日本チームと世界との差は大きく感じられた。本記事では二日目の転換点であったであろう一戦目のSUP戦について深く掘り下げてよかった点やこれからの課題等を考えていきたいと思う。2試合目3試合目に関しては特にいうこともないでしょう。


PGM vs SUP

まずはB/Pですが今回も素晴らしいと思います。

カウンターのモルガナをバンしてGaengにラカンをファーストピック。相手もザヤ取り上げからのレオナで返します。もやし選手はケイトリンをピック。今大会ケイトリンの勝率は異様に低いです。理由としては以前の体力ナーフによってCCに捕まると一瞬で蒸発するからです。そういった背景からモルガナと組み合わせてCCに捕まらないようにする工夫が取られています。

ここでOnceにトランドルをピックさせます。

前回の記事で書きましたがあまり調子のよくないOnceはトランドルを使うべきと私は言ってきました。プレイヤースキルに依然せず、チャンピオン自体がタフで多少のミスをしてもあっさり死ぬことが少ないからです。

敵のカルマピックに対してramune選手が得意チャンピオンのシンドラピック。このピックに関しては悪いとは思いませんがシンドラなのでやはりレーンで勝ちたかったしある程度の圧が欲しかったと思います。

Paz選手はオーン先出ピックに対してシェンを返されます。イレリアをBanしているのでGnarピックも考えていたと思いますが集団戦を意識したのだと思います。

セカンドバンフェイズで敵のライズ、カシオペアというブラッドミアを出したいというバンに対してしっかりとブラッドをバンしている点が素晴らしいと思いました。

全体を通して見ても、PGMのコーチ陣は非常に優秀です。ある程度メタを抑え世界のスタンダードなピックバンの流れにしっかりとついていっていますし、選手の意見もしっかりと吸い上げていると思います。

あとは選手が頑張るのみ、といった状態まではもっていけてると思います。

 

試合内容について

試合序盤ちょうど両jgが同じタイミングでガンクしてOnceのトランドルがファーストブラッドを獲得、その後ケイトリンがキルされます。

ピラーの位置すごい良かったしフォーカスも良かったけど欲を言えばレオナ倒してすぐ下がりたかったよね。

TPしてきたのがカルマだから逃げられたかは際どいラインだったけど攻め続ける必要はなかった。何にせよ先に仕掛けたられたことは大きかったと思います。

ただ問題はカルマにキルとダブルバフが入ったこと、これが後々効いてきます。

 

カルマがリコールして戻ってきました。ここでミッドレーナーのアイテム欄に注目して下さい。カルマの購入したアイテムはイージスの盾で統率の旗の素材です。

ラムネ選手のアイテムの欄のミニオン吸収装置の残り使用回数は1回。これが意味することは何か?

旗の対抗手段である装置がもう使えないのでramune選手はこれからずっとミニオンプッシュの主導権を握られ続けるということです。更にいうとイージスの盾には魔法防御がついているのでシンドラがコンボからソロキルをすることも難しくなってしまっています。

要するにこの時点で後出ししたシンドラが完封されているのです。

 

次のシーンに移ります。

ボットでの集団戦後、もやし選手がリコールしてスワップ直後にトップレーンブッシュで待ち構えていたエリスにソロキルされます。

折られたボットの返しでこれからトップ折りにいくまさにその時のデッドなので非常に痛いですし、no SS状態なのでもう少し警戒するべきだったと思います。

レーンに戻る前にエリスがトップレーンのミニオン処理をしているので、ブッシュで待っている可能性は相当に高かった。チームで警戒ピンを鳴らすこともできたでしょう。こういったシーンは減らしていきたいですね。

 

次はこの試合で最も盛り上がったシーンなのでクリップにして紹介。反転したシーンなんて思わず観客からも歓声がでていて必見です。

トランドルの3人ノックアップからのラカンのF-E-Wですね。美しい。切り取りミスして最後まで見せられていないのは本当すいません。ただ歓声だけでも聞いて欲しかった。

このプレイによってゴールド差でも有利に立ちます

 

がしかし、ここからバロンの時間になると自力の差がでてきます。

 

注目して頂きたいのはSUPのmid GBM選手。中盤からの影響力が凄まじいものがありました。とにかくグループしている時間が長い!

上図のように4人でグループして相手の森に入るシーンが本当に多い。対してramune選手が何をしているのかというと

こうなってしまってるんですよね。操作技術で後れを取っている日本だからこそ知識面で勝ちたいのであるが完全敗北ですね。

LV3でのTPでキルを取りダブルバフ獲得、初手旗を積みシンドラを対策しルーンで旗を高回転させつつ自分が得た有利をチームに還元していく。残念ですが戦略によっての負けです。

結局自陣森の視界を制圧され、ドラゴン・バロンと立て続けにとられ、統率の旗とバロンミニオンにより押し切られてそのままGGです。

 

振り返りは以上にして総評に入ります。

総評

B/P、序盤、中盤の小規模戦のここまでは戦えていると思います。しかし第一タワーが折れたあとバロンの時間になってからは世界との差はかなり開いていると感じました。

個人で見るならPaz選手、Gaeng選手は戦えているしGaeng選手に関しては対面を圧倒していたとまで言っていいでしょう。ただここまで優秀な選手だといつまで日本チームに所属してくれるかも分からないですし、3試合目に関しては彼一人の力で勝ったのであってチームとして勝ったとは思わないほうがいいでしょう。

Once選手は相変わらずソロプレイ、チームプレイに慣れるのに時間がかかってるように見えます。

ただ問題はmidとadcのramune選手とmoyashi選手だと思います。

チームの土台とも言える日本人選手がこのプレイでいいのか?特にアクションも起こさないままプレイでもPingでも表情でもチームを引っ張っている印象はありませんでした

この試合でPaz選手がbotで1V1仕掛けて負けましたがあのシーンを見てネガティブな感情をもった人はいますか?いないと思います。

結果は悪くとも仕掛けた姿勢にこそファンは期待できるし、次は応援したいと思えます。僕個人の意見として他の二人にもPaz選手のような、なんとかしてやるという気概を見せて欲しかったというのが本音です。

 

まとめ

PGMは1-5と残念な結果になってしまいました。よく「DFMが出ていれば」と言う人がいますがはっきりいって結果は変わらないでしょう

今回LJLでもそこそこやれていたramune選手が世界では手も足もでていません。LJLで対面を圧倒するぐらいの実力がなくては世界レベルでは渡り合えないのだと思います。B/PはPGMのほうが上だと思いますし、Evi選手を考慮しても今回のGaeng選手があれだけ活躍してこれだったのでやはり厳しい。

なので、LJLというリーグ全体のレベルがまだまだ低いと言わざるをえない。Summer splitでは今回通用したB/Pと個人技術はそのままに、中盤以降のマクロを各チーム磨いていって欲しいと思いました。

以上になります、いつも読んでくださりありがとうございます。
コメント、ツイッターのフォロー、ジンクスちゃんのクリック等励みになります。よろしくお願いします!

 

LoL総合

Posted by samozyu