汗と涙の翻訳勉強動画

【LJL】DFMがついに国内制覇!ファン待望のWCS出場権を獲得する

まずはDFMおめでとう!ファンも関係者も選手も随分長いことまったのではないでしょうか。
前シーズンでは全勝でfinalに駒を進め、世界に通用する、勝てると言われながらもfinalで苦しくも敗北。
今回こそは頼むぞ!とファンの期待を一心に背負い迎えたUSGとのfinalでは見事3-1で勝利!!WCS出場権を獲得しました。

私はLJLを見始めたときからDFMのミーハーファンをやらせてもらっていますが、今回のセロス選手の涙にはくるものがありましたね。

なんでもvivid選手が今回負けたらチームを去る覚悟もあったらしくなんとしてでも勝ちたい、そんな緊張から開放され顔を見たら涙がでてしまったみたいです。また普段の配信で仏頂面でやっているのが有名なセロス選手ですから(心を失ったセロス)そのギャップもまた心えぐってきたね。

こういう男泣きをみると「ああ、やっぱりLOLってスポーツなんだな」って改めて思います。引退がかかった夏の甲子園で負けて涙を流す高校球児と何も変わらないですからね。熱いものを見せてくれてありがとう。WCSでは予選突破少しだけ期待しています!

 

では前置きはここまでにして試合内容にも触れておこうと思います。

僕が試合前に注目選手はEvi選手gariaru選手と言いましたがその通りになりましたね。

1.2GameともにカミールでハードキャリーしたEvi選手お見事!逆にUSGはapamen選手がマオカイを出した時点でTop laneがお手上げ状態なのがばれた形でしたね。欲を言えばもう1game早くというかもう1ゲーム目からカミールbanして相手の出方を見たかった気がします。

なのでUSGちょっともったいなかった、という印象です。もっと戦えた!!5Game目までは行く力はあったと思います。

gariaru選手めちゃめちゃうまかったよ。エイトロックスでスキル避けまくって反転した時は「ああっ!?」ってDopaみたいな声でたよ。

ただ僕が1つだけ言っておきたいのはBot laneからもっと攻撃的に行けたと思う。1Game目とかjgがトップレーンの介護にいくんじゃなくてもっとボットから作るようなゲームプランでいったほうが良かったと思う。

例えばなんだけど先日行われたLPL決勝ではUzi擁するRNGがタムケンチサポートに対してをだしてレーンを圧倒するっていう戦略が取られたんだよね。勿論タムケンじゃレーン勝てないから何回もTPきってレーン復帰してたけどそれでもレーン維持できなくてそのままbot laneから試合をキャリー。Enty選手もソラカ得意だしそういう思い切ったピックと戦略をしてGango,Enty選手から試合を作るっていう形を見たかったかな。もうほんとそこだけ、そこだけ気になった。

いやでもここまで戦えると思ってなかったしUSGは本当に良いチームだったと思う。来シーズンは本当期待してる。あとhow to win LJLの更新も期待してる。

試合内容に関して気になったのはそのぐらいかな。DFMは韓国チームのようにトップを重視して、USGは中国チームのようにボットを重視して来シーズンでは更に血沸き肉踊るような熱いfinalが見れたら嬉しい。以上。

選手ファン、そして関係者の皆様本当にお疲れ様でした!

 

 

 

LoL総合

Posted by samozyu